プロフィール

ちーこ

Author:ちーこ
三毛猫
名前・・・ここあ
年齢・・・14歳位
性別・・・女の子
体重・・・約3.5kg
 (保護時3・3kg)
左耳が耳血腫の為、短い

2年位 スーパーの駐車場内で
野良猫でした。
用心深く触れた事の無い猫でしたが
平成20年10月26日
突然、車に乗り込んできて
家族の一員になりました。
(保護時、約10歳くらい)


日清ペットフードHP
「うちのコ ギャラリー」でここあが
2009年1月のグランプリを受賞しました

猫を飼うのは初めての飼い主
ちーこ(ブログ更新係り)
2号(ここあが一番頼りにしている)
3号(時々出没する)

その他の家族*:*:*:*:*

●アニマルアレイのカエル
   川崎さん

●チワワのマヌカン
  くたちゃん

●猫のぬいぐるみ
  ガガちゃん

●おたまじゃくしのぬいぐるみ
  ロドリゲス君
  ニコル君

●カエルのぬいぐるみ
  松子(ピクルス)
  沼田さん
  田島さん
  ギャビーちゃん

●アザラシのぬいぐるみ
  あらざしくん

●コアラのぬいぐるみ
  コアラ(命名・まんべくん)

●オカメインコ
   ありす 16歳

   くらら 16歳
   (2012年10月22日永眠)

●マリトゲオアガマ
   とにい 10歳10ヶ月 
   (2010年1月8日永眠)

●ショウリョウバッタ
   青吉1号~4号 0歳

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

スモック同盟

ブロとも一覧

フリーエリア

イチゴdeカウントダウンブログパーツ

フリーエリア

イチゴdeカウントダウンブログパーツ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

リンク

カウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

フリーエリア

いちごの足跡ブログパーツ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫まくら

大好きな猫まくら♪
ここあ
大切ですにゃん♪


起きてる時も触ったりしている。
ここあ

ここあ
可愛いですにゃん。。


今日は抱え込んでいた。
ここあ
盗っちゃダメですにゃん・・・


お帰りにはポチクリしてくれると嬉しいですにゃん♪
人気ブログランキングへ

<< くらちゃん  【BACK TO HOME】  座布団 >>


◆ コメント ◆

「」


ここあにゃんは、猫まくらが好きなのね!
もふもふは、ふわふわ毛布に包まれて寝るのが好きよ!

これからは お布団の中から出るのが辛い時期に突入するのよね。
イヤだわ~~~~。。。

PS:この前 中居君の番組にキリちゃん出てたわよ~♪


「Re: もふもふさまへ♪」


猫まくらは本当に大切にしてるのよ♪不思議よね(^^)
ちゃんと自分と同じ「猫」のかっこしてるのがわかるのかしら☆

全部で3個もってるんだけど各部屋に1個ずつ置いてあって
どこでも上手に使ってるのよ☆

もう寒くていやよね。。
なんかこの前まで「暑い・・」って言ってたのにね・・・
季節が早過ぎよ・・・

キャキャ!!見た見た見た~~!!
「最近事務所に入ってきたおじさんが
TVのお仕事をもってきてくれる。。」みたいなやつよね☆
ん~~!!もうちょっと出番を多くしてほしかったわ~~(><)
あ。。そうそう!昨日の深夜「金爆一家」始まったんだけど
5分だからバタバタしてアッという間に終わったわ・・(><)


「可愛いここあちゃん♡」


ここあちゃん まくらさん大好きなのねv-238
本当に愛おしそうに大切にだっこしてますねv-238
そのここあちゃんが愛おしいですねv-238


「Re: シマクロクマさまへ♪」


とっても大好きなんですd(^^*)

2階で使ってるやつは
もう毛玉だらけなんですよ(><)
でもとっても大切に使ってます♪
なのでその毛玉までも可愛く見えちゃいます(^^)♪


「虹の橋」


虹の橋 ご存じですか・・・
とてもこころが安らぎます。
http://www5.ocn.ne.jp/~select/Rainbow.html

虹の橋

 天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。

この地上にいる誰かと愛しあっていた動物たちは、
死ぬと『虹の橋』へ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく快適に過ごしているのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさを感じているのです。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに小刻みに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する動物を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日たりとも消えたことのなかったその瞳を。

 それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。


虹の橋のたもと
  
  天国とこの世を結ぶ橋がある。

その橋は、様々な色合いから『虹の橋』と呼ばれている。
『虹の橋』の一歩手前には草地や丘、青々とした緑あふれる谷がある。
大切な動物達は、死ぬとその場所へ行くのです。
そこにはいつも食べ物と水があり、気候はいつも暖かいまるで春のようです。

歳をとって、からだが弱っていた者でも、ここへ来て若さを取り戻し、
からだが不自由になっていた者は、元どおりの健康な姿になる。
そして一日中いっしょになって遊んだりしている。
だが、橋のそばにはみんなと様子が異なるものもいるのです。

疲れ果て、飢え、苦しみ、誰にも愛されなかった動物たちです。
他の動物たちが一匹また一匹と、
それぞれの特別なだれかといっしょに橋を渡っていくのを
とても悲しげに眺めているのです。

彼らには特別なだれかなどいない。
生きている間、そんな人間は誰一人現れなかった。
しかし、ある日、動物たちが走ったり遊んだりしていると、
橋への道のかたわらに誰かが立っているのに気づくのです
彼はそこに繰り広げられている友の再会をものほしそうに眺めている。

生きている間、彼は動物と暮らしたことがなかった。
彼は疲れ果て、飢え、苦しみ、だれにも愛されなかったのです。
そんな彼がポツンと立っていると 、愛されたことがない動物が
どうして一人ぼっちなのだろうとそっと近づいてくのです。

すると、なんと不思議な事が・・・・・・・・・。
愛されたことがない動物と愛されたことがない人間が
互いに近づくにつれ、奇跡が起こるのです。
なぜなら、彼らは一緒になるべくして生まれたからだ。
この世では決してめぐりあえなかった特別なだれかと大切な動物として。
今、やっと『虹の橋』のたもとで彼らの魂は出会い、
痛みや悲しみは消え、友はいっしょになるのです。

 そして、いっしょに『虹の橋』をわたり、もう二度と別れる事は無いのです。




「Re: シマクロクマさまへ♪」


シマクロクマさま。。
有難うございます。

涙が出てきちゃうけど。。。

でも。。。。。そうなんですね。。
くらちゃんは今頃、元気になってお友達と
楽しく遊んでくれているんですね。

そしていつか。。
いつかちーこが虹の橋に行った時には
再会できるんだな。。と思うと。。


本当にどうも有難うございました。。

≫≫ コメント投稿フォーム


*管理者にだけ表示を許可

 BLOG TOP 



Powered by FC2ブログ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。